B-NINJAH&AK-69の情報まとめ

「B-NINJAH&AK-69」は、レゲエDJのB-NINJAHとラッパーのAK-69によるヒップホップユニットです。

B-NINJAHはもともと日本のパンクなどを聴いていましたが、そこからダンスホールミュージックを聴くようになっていき、ヒップホップやレゲエにハマっていき、レゲエアーティストとして活動するようになりました。

AK-69はラップを始める前は歌を歌っていましたが、その後、ラップの表現方法やビートに魅力を感じて、「自分がが思う色々なことを表現して歌えるな」と思い、ヒップホップにハマっていき、ラッパーとして活動するようになりました。

B-NINJAH&AK-69は名古屋周辺地域で主に活動を展開し、2001年にプロモーション用に制作したデモテープ音源がアンダーグラウンドシーンで話題になりました。

その後、M.O.S.A.D.を中心にしたヒップホップクルー「POUND」に参加して、活動の幅をさらに広げていき、アルバムもリリースして人気を集めていきました。

しかし、2007年3月にB-NINJAHの都合により、B-NINJAH&AK-69としての活動は終了することになります。

B-NINJAH&AK-69の結成のきっかけ

B-NINJAHが愛知県春日井市出身で、AK-69が小牧市出身出身ということもあり、1999年にレコード屋で久しぶりに再会したのがきっかけで、2人はコンテストに出場することになります。

その結果、正式にヒップホップユニット「B-NINJAH&AK-69」結成して活動するようになります。

「B-NINJAH&AK-69」というユニット名については、個々でやっていることがあり、あえてユニット名を付けていなかったとコメントしています。